結婚式にて参列者にありがちな服装タブーとは?

これからご友人や同僚の結婚式に参列する予定の方。

とくに結婚式の経験が浅い方は、どんな服装にしていけばいいのか迷ってしまいますよね。

結婚式というフォーマルな場だけあって、マナー上様々な注意点があります。

ここでは、結婚式のドレスや服装に関する注意点を全体的にまとめましたので、参考にしてみてください。

最近よく見かける、黒コーデはNG!

最近、SNSで結婚式の投稿を見ると参列者の中に全身黒のスタイリッシュなロングワンピースを着ている方をよく見かけます。

確かにお洒落ですし、花嫁さんは引きたちます。

でも実は、全身黒は結婚式ではタブーなのです。

なぜなら、全身黒=喪服のイメージになってしまうからです。暗い印象にならないように明るめのパンプスやバッグと合わせたり、色物の羽織物をするとよいでしょう。

最近では、結婚式もだいぶカジュアル思考にはなっているので神経質にならなくてもよいですが、中には昔からの礼儀を気にされる親族の方もいらっしゃると思うので常識のある範囲でお洒落してくださいね。

結婚式に黒タイツ・ストッキングはNG

結婚式のようなフォーマルな場では、ストッキングの着用が正しいマナーです。
どんな美脚自慢の方でも、生足素足はマナー違反ですよ。パンツドレスやパンツスーツなど、『パンツスタイルで』結婚式に出席する場合もストッキングを着用するのがマナーです。

寒さが気になる冬の結婚式や、ドレスから出る足を細く見せたいと言う気持ちから、結婚式に黒いタイツやストッキングで参加しようかと思う人もいるかもしれません。確かに、普段フォーマルな格好に慣れていないと、自分のスタイルに自信が無くなって、足を隠したくなりますよね。また、自由に防寒もしにくいので、寒さ対策で色つきのタイツ・ストッキングをはきたくなるのもわかります。

しかし、結婚式に参加する際は、黒タイツ・ストッキングはNGです。その理由は諸説あって、黒コーデNGな理由と同様、黒が葬式を連想させるだとか、夜をイメージさせて結婚式に相応しくないなど様々です。ですが、いずれにせよ黒タイツ・ストッキングをはいてしまうとマナー違反であることを覚えておきましょう。

寒さ対策は、肌色のストッキングでも「防寒」のものがありますから、そちらを利用したり、パンプスの中にホッカイロを仕込むなどして工夫しましょう。足の細さが気になる人は、ドレスのデザインとヒールの高さで調整してみるのも、大人のお洒落を楽しむための第一歩として良い機会です。

基本的には結婚式当日に着用するドレスや、ベージュ系などご自身の肌の色にあったものを選ぶと良いでしょう。ただし、着用するドレスとの兼ね合いで、黒のストッキングをどうしても履きたいという場合は、ラメなどの光る素材が入ったものにすると良いでしょう。

マナー違反をせず、ハレの日を心からお祝いしましょう。

肩だしはNGです!

大人になってくると、結婚式に呼ばれることが多くなりますよね。

女性はいつでもかわいくいたいし、オシャレして行きたいと思っています。

最近はショップで売られているお呼ばれドレスが袖がないものが多く、実際に参列者を見ても肩を出してる方は割りといらっしゃいますが、マナーとしてはNGです。

ストールやボレロなどを羽織って肌は露出しない方が正しいですし、好印象です。あくまでも花嫁さんが主役なことをくれぐれもお忘れなく。

白い服装はNG

結婚式という非日常的なパーティに参列する場合、参列する側も身なりを着飾り気分があがりますよね。フォーマルドレスの中には、ホワイトカラーやクリーム色、ベージュのドレスも多くあります。

花嫁のウェディングドレスとイメージが重なってしまうため白いドレスはやはりNGです。

結婚式の主役は花嫁さんです。一緒に写真をとった際に、白いドレスで隣に並んでしまうとどちらが主役なのかわからなくなってしまいます。

ここで注意したいのが、ツーピースタイプ。

ワンピースですと白いイメージのものはNGと分かっているのでみなさん避けるのですが、上下で合わせて着るようなセットアップですと要注意。

上半身のみや羽織ものだけ白いのは大丈夫と思ってしまいがちですが、席に座ってしまうと腰より上しか見えない可能性も!

クリーム色や薄い黄色なんかも、写真の写り具合によっては白く見えてしまう場合があります。結婚式のドレスをこれから購入する際は、白に近い色は避けたほうが無難です。

白の靴下もNG!

結婚式の時、男性の多くはスーツで出席することと思います。普段スーツを着ない人もこの時ばかりはビシっとスーツで決め込んできます。

しかし、何か拍子に足元を見ると白い靴下を履いている人がいます。

白と黒の逆の種類の色ですので、1回でも目に入ると気になってついつい目が行ってしまいます。

元々、スーツに対しての白の靴下はNGと考えられています。

結婚式という「ちょっと派手目な恰好もOK」という場で、ダークなスーツからのぞく足元が白では見えた方も拍子抜けです。

逆に白以外はほぼ全てOKという扱いになっていますので、白だけは避けるようにしましょう。

アニマル柄はNG

普段着では、ポピュラーなアニマル柄。でも、結婚式にはNGです。

それは、動物の毛皮の模様が、殺生をイメージさせてしまうから。ファーなども、同じ理由でNGです。おめでたい日に、ふさわしくないということで、避けたほうがいい模様です。

ドレスはもちろんですが、ボレロや、バッグ、靴などの小物もアニマル柄は避けたほうが無難です。

友達だけを招いた食事会のような場合はありかもしれませんが、親族や職場関係からゲストが招かれるようなきちんとした場では、避けたほうが良いでしょう。

ブーツはNG

結婚式の服装にタブーとされているものはいろいろありますが、見落としがちなのは足元です。

普段のファッションアイテムにブーツを取り入れている人は多いかと思いますが、ブーツはもともとカジュアルなものなのでお祝いの場には不向きで、結婚式を軽視していると思われてしまいます。

ブーツ自体は高級ブランドだから、ショートブーツだからといわず、結婚式でブーツを履くのはやめたほうが無難です。男性の紐の革靴でもブーツタイプは同様に失礼に当たるので注意が必要です。

花嫁よりも明らかに派手なドレスはNG

結婚式にお呼ばれした時に、派手なドレスを着て参列するのは、決して悪い事では無いのですが、花嫁のウェディングドレスより派手な服装をするのは、控えましょう。

花嫁の事をあまり知らない花婿側の参列客から、「あれ?テーブルに座ってるのが花嫁さん?」などと一瞬間違われる可能性がある「ほぼウェディングドレス」のようなデザインのドレスを着て、レースの手袋にダメ押しのティアラを付けて参列するのは、主役の新郎新婦や親族に失礼過ぎる上に、周りの参列客まで惑わせ、式を台無しにしてしまいます。

有名な芸人さんの結婚式で、女芸人さんがやるならば、意図も分かりますし、周りが面白くフォロー出来ますが、一般の結婚式では、只々浮いてしまうだけ。

という訳で受け狙いのウェディングドレスは危険です。

上下分かれている服はNG

ここ数年、定番化してきた「セットアップ」。上下合わせて着用するのはもちろん、上だけでも、はたまた下だけでも使えて便利ですよね。持っている方も多いと思います。

キチンとした印象のセットアップであれば、結婚式に着ていく方もいるのでは?

しかし、実はこれ、NGなんです。正式にNGとされているわけではありませんが、縁起が悪いとされています。

理由は、「上下に分かれている」=「別れる」を連想させるため。

気にする人は、すごく気にする「縁起が悪いもの」。

結婚式には、セットアップは避けた方が無難なようです。

つま先が出る靴はNG

夏の結婚式にお呼ばれした際にパンプスではなく、つま先が出ているタイプのオープントゥのサンダルを履いている人をよく見かけます。

意外に知られていませんが、結婚式に、オープントゥのパンプスや、サンダル等のつま先が出る靴はNGとされています。

夏らしくてかわいいですし、上品なデザインで、フォーマル感があるものもありますが結婚式ではNGとされています。

NGな理由は、つま先とかかとが出る靴は、フォーマルではないとされているからです。

その為、サンダルはもちろんのこと、つま先が出るオープントゥのパンプスもNGなんです。

また、「つま先が出る」=「妻が先に出る」ということで、離婚や死別を連想させてしまう為、縁起が悪いものともされています。

カジュアルな式などであればそこまで気にしなくていいのかもしれませんが、格式の高い式では恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

似顔絵制作のお見積りはこちら!

似顔絵師ぴんくぶたの似顔絵は、どなたにも喜んで頂ける可愛いタッチで描くのが特徴です。ご注文頂いたお客様には「本当にそっくり」と大変喜ばれております。

似顔絵は似ていないと意味がないので、特徴を掴みながら、誇張しすぎない優しい似顔絵に仕上げています。黒線段階なら、無制限で修正しますので、ご安心下さい。

お客様のご要望に応じて、様々なシュチュエーションや衣装をご用意し、仲良く温かい雰囲気でのお祝いとなる記念の似顔絵に仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です