金婚式にぴったりなサプライズプレゼントまとめ!

金婚式にぴったりなサプライズプレゼントとは?

金婚式には、まず「金」というカラーが入っていることで、金色のプレゼントを選ぶことが主流となっています。

また、ほかにも金婚式を迎えた年代だからこそ、貰って嬉しいものがあります。

金婚式で選ばれる定番のプレゼントとはいったい何なのでしょうか?

広告などを入れず、完全に客観的にまとめましたので、プレゼント選びのヒントになるはずです!

金箔入りカステラ

POINT
結婚50年ということは年配で堅いものが食べづらい方も多いと思いますので柔らかくのどごしのよいものがいいと思います。

金婚式ということですので、ここはやはりゴールドにちなんだものを贈りたいものですね。

けれどサプライズで贈り物をするのでしたら、後々残るものだと贈られた方の好みではなかったときに使われなさそうですし、夫婦茶碗などは既に使っているものがあったり、プレゼントが他の方と被ったときに気まずいので、消えものがよいと思います。

金箔のカステラは見た目にもインパクトがありますし、お値段もお手頃で、お年を召した方でも柔らかく食べやすいお菓子ですし、甘いもの好きの方ならば喜ばれると思います。

もし贈られる方が甘いものが苦手という場合は、名入れできるパッケージの金箔入りのお酒に普段の感謝の気持ちを入れて贈るのもよいですね。

金箔を食べるなんてもったいないと思われるかもしれませんが、せっかく一度しかない機会ですのでゴージャスにしてもよいと思います。
記念に残る金婚式にできると良いですね。

金箔ケーキもオススメ!

金婚式は50年も連れ添った夫婦のお祝いですから、両親が喜ぶ事をしてあげたいと思い考えました。両親はやはり家族全員で祝ってあげる事が一番です。物は好みもありますし、美味しいモノ食べることしか楽しみがないという高齢者でございますので、料亭か和食店を予約し家族総出でお祝いし、サプライズで金箔ケーキを美味しいケーキ屋でオーダーしました。『金婚式おめでとう』のプレート付きです。勿論お店の方には、事情を話して持ち込みオッケーかどうか確認しました。50年の節目ですから、高齢であることを考えますと、ものよりシュチエーシヨン・演出が大切だと思います。そしてサプライズケーキが金箔だったら金婚式の思い出が強く残る事間違いありません。絶対ご両親も感激しますよ!

品質の良いペアパジャマ

POINT
コットンや麻などパジャマに適した素材はたくさんあると思いますが、せっかくの金婚式のプレゼントですから、普段なかなか買わないシルクのパジャマも良いですね。またイニシャルを刺繍してプレゼントするのも記念になって良いと思います。

金婚式を迎えるご両親と言えば、だんだん年を重ねていらっしゃいますよね。

「最近年のせいか良く眠れない」と仰るご両親でしたら金婚式のプレゼントとして品質の良いペアのパジャマはいかがですか?

眠りが浅い・疲れが取れないという場合、寝る時に着ている物に関係があるのかもしれません。

寝具には気を使って軽い布団を購入したり、頭に合った枕を探すことがあっても、なかなか品質の良いパジャマまでは手が回らないですよね。

ご両親もスウェットやTシャツ、ジャージなどを寝巻代わりにしていないでしょうか。

高級パジャマは摩擦が起こりにくくスムーズな寝返りが打てるので腰痛や肩こりの予防にもつながります。

また人は季節に関係なく眠っている間に汗をかきやすい性質を持っています。

吸湿性の悪い衣服を着た場合、肌がベタついて寝づらさの原因に繋がります。その季節に合わせて夏は涼しく、冬は暖かい品質の良いパジャマを選んでご両親にプレゼントしてみましょう。

孫との思い出のきっかけになるゲームセット

POINT
みんなで一緒にプレイでき、周りでみてるひとも楽しめるもの

金婚式をあげる夫婦って、若くても70。それ以上は、もう、お迎えの近い年齢。なんでも持ってるし、物欲もないし、『なにが、ほしい?』と、聞いたところで、『なんにもいらない。気持ちだけで充分』と、言われるでしょう。

70才以上だと、携帯もガラケーだし、アナログ世代。夫婦にとって大切なもの?健康!子供!孫!

金婚式の夫婦ができるものの中で選び、(オセロなど)孫と一緒にゲームをする。一緒に、なにかやらせてあげることが、プレゼントであるはず。

ゲームがあることで、孫も遊びに行きたがるきっかけになるはず!

夫婦お揃いのゴールドのペアウォッチ

POINT
明るめのゴールドで、更に文字盤はよく見えるものがオススメです。あまり太すぎず、取り付けが簡単な腕時計であれば付け外しがしやすいので、出番が増えそうです。

金婚式を迎えるご両親。50年という長い年月の間、楽しいことだけでなく、苦労したことも沢山あるでしょう。

様々な困難を乗り越えてもなお、夫婦として寄り添ってきたお二人に、ペアウォッチ(腕時計)をプレゼントするのはいかがでしょうか。

これまでの長い時間を共に刻んできた二人には、この先もずっと同じ時を刻んでいってほしいという気持ちをこめてプレゼント。

金婚式にちなみ、ゴールドのペアウォッチが良さそうです。例えば、ご両親でお出かけの際などに身につけてもらえば嬉しいですね。

ご高齢なので、できる限り文字盤はよく見えるものが良さそうです。もし、腕につけるのが少し煩わしいようであれば、鞄につけてもらうのも有りだと思います。

どんなプレゼントにすべきか迷われている方、ゴールドのペアウォッチをお勧めします。

金の装飾の夫婦茶碗

POINT
高齢者だから、地味な落ち着いたデザインではなく、あえて元気の出るような明るい色で、洒落たデザインの茶碗を贈りたいです。

カップルへの贈り物として、ありきたりな夫婦茶碗ですが。金婚式を迎えるとすると、おおよそ70代の夫婦ですよね。

今さら何をの夫婦茶碗ですが、これ意外と昔のものを使い続けていたり、もしくは気が付いたら適当なものになっていたりするんですよ。

医療が進み、元気な高齢者が増えたきたとはいえ、実際に両親を見ていると、70代に突入し、徐々に体が動かなくなり、体力が落ち、気持ちが落ちてきているのが目に見えて分かります。

互いを気遣い合いたくても、気力が萎えてきているのが分かり、子どもとしては少し悲しい気持ちになることもあります。

ここは、晴れの金婚式です。プレゼントをきっかけに、これからも一層仲良くしてねの気持ちを込めて贈りたいですね。

何より、気力を取り戻すために、二人揃って食事をしっかり摂って、健康で長生きして欲しいという願いを込めて、お揃いの茶碗は最適ではないかと考えました。

お箸のセットも添えて贈れば、喜ばれること請け合いです。金婚式が第二の結婚式になりますようにと、願いを込めてのプレゼントです。

機内食の食器セット

POINT
色はクリーム系と真っ白が多いですが、真っ白の方がより機内食らしさが出ます。ビジネスクラスの食器を取り混ぜると、ビジネスクラス気分も味わえます。

海外旅行が大好きな両親でも、金婚式の年代になると、体力的に海外へ行く頻度は下降気味です。

行きたいけど行けないという状況の時に、機内食の食器で食事をしたら、なつかしい気持ちと共に、機上の嬉し楽しい気持ちを思い出して幸せな気分になってもらえそうなので、機内食の食器をプレゼントするのがオススメです。

食器だけでなく、カトラリーも売っていますので、カトラリーも揃えると良いです。

きっと両親は機内食の食器をプレゼントされるとは思っていないので、驚きもあり、喜び倍増だと思います。

機内食の食器は一般のお店ではなかなか売っておらず、インターネットや航空ショップ、航空会社のイベント等でしか手に入らないので、レアなのもポイントです。

金箔入りのお酒

POINT
名前入りのお酒のボトルは直接ボトルに刻んでもらえるものと、ラベルで貼られるものがあります。一般的にはラベルの方が納期が早く、安価であるようです。いずれにしろ時間に余裕を持ってオーダーするようにしましょう。

金婚式のプレゼントと言えば、一番に思い浮かぶのは金のアクセサリーなどですよね。

でもちょっと予算がオーバーしてしまうかも…という方は「金箔入りのお酒」をプレゼントしてはいかがでしょうか。

皆さんでお祝いの席で一緒に飲むもよし、夫婦2人でしみじみと結婚50年を振り返ってもらいながら飲んでもらってもよいでしょう。

中には「飲んでしまったら何も残らない」と思われる人もいるでしょう。そこで「名前を入れられるボトル」をオーダーしましょう。

夫婦のお名前や結婚記念日を入れれば、中身を飲んでしまった後も飾ることができます。

普段はあまりお酒を嗜まれない人も金箔が入ることで目でも楽しんでもらえます。予算に余裕があれば素敵なペアグラスも添ると喜ばれます。華やかなお祝いの席になるのではないでしょうか。

金婚式らしく「50」年物のワイン
両親はお酒が大好きで普段から、ワイン、日本酒、ブランデーなど、2人で晩酌を楽しんでいます。毎日のことなので、ワインは¥1,000ほどのリーズナブルなチリ・ワインやカリフォルニア・ワインなどを選んで、飲んでいます。とても仲良し夫婦で、お酒に合わせて、2人で料理を作ることもあります。2人にちなんだ数字のワインや産地などにもこだわってお酒を送りました。金箔入りではなかったですが、こういうプレゼントの方法もいいのではないでしょうか?

温泉旅行

POINT
体の調子を考え、場所を選びましょう。体調のすぐれない方に、遠めの場所を選んではいけません。

結婚50年。これは半世紀、いや人生の半分以上を共生してきたことになります。

そこには家族を支える、夫婦お互いを支える努力があったからこその結果と思います。

夫婦両方にとって心安らげる空間を演出、用意してあげること、お互いに感謝の念を伝えあえる静かな空間を用意するという意味で、温泉旅行をプレゼントするのはいかがでしょうか。

経験者談
結婚生活が長くなると夫婦は「空気みたいな存在になる」と良く耳にしますが、これはお互いを尊重して言えるコメントでもあると思います。空気がなければ生きていけないけど、あって当然の存在。そういった境地に達した二人へのプレゼントはやはり、二人でゆっくりできる、新しい経験ができて、お互いの存在をしっかり確かめ合うことができる時間を設けるということが大切だと思い温泉旅行をプレゼントしました。

結婚記念日をモチーフにした花

POINT
簡単に世話ができて、見た目が鮮やかなものを選びましょう。少しぐらい水やりをサボっても枯れないほど、丈夫な花がオススメです。

夫婦ふたりで共同のものを世話して、再び愛し合っていた頃を思い出してもらうのはどうでしょうか。

結婚記念日だけじゃなく、お互いの誕生花や記念日など。関連のある花を育てることで、より仲が深まります。

生花を育てるのが難しい環境に住んでいるなら、ドライフラワーにして贈るのも良いでしょう。

花を育てることで、隣近所とも交流が持てます。夫婦そろって花に水やりをしている姿を見れば、近所の人からも羨ましがられることでしょう。

花は家を明るくします。子どもが自立して、ホッと一息ついたあとは暇になってしまいます。適度な刺激を与えるためにも花を育てるのはオススメです。

名前入り冷めないペアカップ

POINT
真空断熱と謳っていても実際には保温・保冷効果の低いものもあるようです。インターネットで口コミなどを調べてから選ばれると良いと思います。

ご両親への金婚式のプレゼントとしては、毎日使ってもらえる物が良いのではと色々考えてみました。

毎日お茶を入れて飲む、あるいはコーヒー・紅茶は欠かさないというご両親であれば真空断熱の冷めないペアカップはいかがでしょうか。

通常のカップであれば少し時間がたつと温かい飲み物も冷め切ってしまいますが、真空断熱であれば二人でおしゃべりしながら、ゆっくり飲んでも冷めません。

温かいものだけでなくても夏には冷たい飲み物用としても使えます。真空断熱のカップは保冷能力にも優れ、結露もしないという利点もあるので、手を濡らさずにビールなどを楽しむことができます。

名前や記念日を入れてくれるサービスがある物もあるので、ご両親の名前と金婚式の日にちを入れてもらえば、とても素敵な記念の品になること間違いなしです。

家族写真撮影

POINT
長時間の移動は大変な年齢だと思います。ご自宅やお祝い会場に近い写真館を探すか、あるいはカメラマンさんに来てもらう方法も良いかと思います。

両親の金婚式、長く両親が仲良く暮らしてくれたからこそ今の自分たちもいる感謝をこめて、家族写真を撮影してプレゼントしたら喜ばれると思います。

ご両親を囲んで、ご両親から生まれた自分たち子ども、その伴侶、そして孫たち、みんなでその日をお祝いし、みんなでお祝いすることが出来た証として写真に残せたら最高ですね。

金婚式をあげる年齢のご両親ともなれば基本的に自分たちの生活に必要なものはもう揃っているかと思います。

なのでお金で買えるものではなくて、今という貴重な時間を切り取った、そして自分の長い人生と結婚生活の意味を有意義なものだったと感じられる家族写真の撮影は金婚式を迎える両親へのプレゼントに最適なものでないかと思います。

 

金色のフォトフレーム

POINT
本物の金に近いような金色のフォトフレームを選びましょう。いかにも金メッキという感じだと安っぽく見えてしまいます。

金婚式にちなんで、金色のフォトフレームが良いと思いました。

思い出の写真を入れてもらい、一生飾っておいてもらいたいからです。

素材が金ならもっと良いのですが、多分そんな豪華なものは買えないので、「金色の」としました。できれば金で作られたものにしたいです。

金婚式、思い出、いつまでも残しておく、という観点から考えると、このプレゼントなら両親に喜んでもらえると思いました。

しかも、場所をそれほどとらないので邪魔になりにくいです。

もしここに、金婚式ということで新たに写真を撮ることがあるのなら、それを記念に残して飾っておいてもらいたいです。

本のようになっているタイプのフォトフレームだったら、写真も複数枚入るので、それでも良いと思います。

お揃いの運動靴&ジャージ

POINT
正直体力の衰えは否めませんので、機能面(伸縮、衝撃吸収)、快適性(肌ざわり、重さ)は十分考慮する必要があるでしょう。

夫婦になって半世紀。結婚当時の日本は高度経済成長、石油ショック、バブル時代を経て現在に至るという激動の時代を大人として経験した世代の方々になります。

良い時代も悪い時代も大人として知る方々にとって、相応しいとなると「今後何十年もお互いに健康でいられるように」という思いが籠ったものが良いと思います。

恐らく金婚式を迎える方々の多くは70歳後半、平均寿命に近づき、自分の体力に少し自信を失い掛けているひとが多い世代にもなります。

そこで、一念発起し夫婦揃って同じ目標(健康)を達成するために、少しでも体を動かし、お互いの体を労わり合えるようなムードを作る効果が、お揃いの運動着にはあると思います。

重要なのは、寿命を意識し出す世代に、これからも望まれているのは健康であり、それをまた夫婦で克服してね。という気持ちを助長する物だと思います。

運動着であれば、色調は少し明るめで気分も明るくなる物、機能面では筋力の衰えを補い、運動が苦にならない快適性が得られるものが選定基準になります。ウォーキングなら交通安全にも配慮することになる蛍光色も宜しいかと思います。

そして何より、お揃いのデザインであることが、お互いの恥じらいを誘い若さを改めて意識する(ペアルック世代)でしょう。

Follow me!

似顔絵制作のお見積りはこちら!

似顔絵師ぴんくぶたの似顔絵は、どなたにも喜んで頂ける可愛いタッチで描くのが特徴です。ご注文頂いたお客様には「本当にそっくり」と大変喜ばれております。

似顔絵は似ていないと意味がないので、特徴を掴みながら、誇張しすぎない優しい似顔絵に仕上げています。黒線段階なら、無制限で修正しますので、ご安心下さい。

お客様のご要望に応じて、様々なシュチュエーションや衣装をご用意し、仲良く温かい雰囲気でのお祝いとなる記念の似顔絵に仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です