ハワイで挙式する際の注意点とは?事前に確認しておくべきこと

ハワイで挙式する際に前に確認しておくべきこと

ずっと夢だったハワイでの挙式…せっかく海外で結婚式を挙げるなら、事前に抜け目のないようしっかり準備して臨みたいですよね。

様々なトラブルに合い挙式の間中ハラハラドキドキ…というのは避けたいですもんね!

そんな皆様のために、経験者に聞いた「ハワイで挙式する際に注意すべきポイント」をこの記事でまとめました!

ハワイでの結婚式の注意点 ~事前準備編~

現地を事前に見ることができない

ハワイ挙式をする際は、打ち合わせなどで現地に行くわけではないので、結婚式場は早くても挙式数日前に見ることになります。
もちろん事前の国内で行った打ち合わせ内容は伝わっているものの、実際に見るのとはイメージが違った、という場合もあると思います。
現地スタッフの方とも初めて会う、という状態なので緊張してしまう可能性もあります。
事前の打ち合わせで、そのような不安がある、ということを伝えておくのは一つの解決法です。

金額に注意

ハワイ挙式を始め、海外での挙式自体は国内よりリーズナブルになることが多いです。

しかし意外にもその他のお金がかかることもあるので注意が必要です。

例えばゲストを呼ぶのであれば、旅費などの負担も考える必要があります。

旅費全てを負担することは少ないと思いますが、いわゆる「お車代」が国内より高くなるのは間違いないですよね。

海外挙式であれば、ゲストも少人数だとは思いますがお車代などの費用も計算しておくことが大切です。

もちろん自分たちの旅費も含めて計算しないと、「思ったよりお金がかかる」とショックを受けることも…

また海外挙式をした後は、国内でお披露目パーティーなどを行う方も多いと思います。

つまり、海外挙式、お車代、自分たちの旅費、お披露目パーティー代、すべて合算したものが挙式費用となることを頭に入れておく必要があります。

何をするかを明確にして、合算した金額を把握することが大切ですね。

ハワイでも大安は人気

ハワイは海外なので、日本の結婚式のように大安など日取りの良い時を選ばなくても良いと思いがちですが、意外とハワイ挙式でも大安に行いたいという希望を持つ夫婦、ご両親は多いです。

ですので早めに大安の日は予約が埋まってしまうものです。

海外ウェディングの場合は式場を押さえる他、ホテルの宿泊予約や飛行機のチケットの関係もありますから、日取りにこだわるなら、どこの教会で行うにしても早めに予約をしたほうが良いです。

ウェディングドレスはシンプルなもので動きやすいのがおすすめ

ハワイ挙式の場合、現地でウェディングドレスをレンタルすることもできますが、自分だけのドレスを購入して持っていきたい人もいます。

そうした時、シンプルなドレスにしたほうが無難です。青い海をバックに砂浜を歩くことも多いので、それでドレスが汚れてしまう可能性が高いからです。

動きやすく、移動が困難でなく、できるだけシンプルなもののほうが向いているといえます。

時期を十分考慮・ゲストと事前に相談すること!

海外で挙式する場合、来てもらうゲストの予定調整も必要になります

ハワイですと最低でも3泊5日は欲しいと思いますので、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆休み・お正月といった長期休暇を選ばれる方も多いかと思います。

が、もちろんのこと、そのような時期は旅費が高い・・・!

お仕事をされているゲストの方も多いと思いますので、3連休に有給を何日かくっつけて、などのほうが都合のいい方もいらっしゃると思いますので、事前によく相談して決めておけるといいですね。

ハワイでの結婚式の注意点 ~当日編~

メイクさんが海外の方だと意思疎通が難しい

結婚式でのメイクはとても大切ですよね。

海外挙式ではメイク担当の方が海外の方であることも多いです。

日本人とは美的感覚が異なることもあり、自分の思っているように仕上がらないことも…

もちろんそれもプロがやってくれたもので、技術的には問題ないですから、それを楽しめるのであれば良いのですが、こだわりがある方は注意が必要です。

自分のイメージのメイク写真を用意する、などの対策が考えられます。

時差ボケの対策

私が時差ボケに弱いのかハワイに到着してから1日目はボケーとして暑くてしんどかったので、ハワイで式なんかしたくないと思いました。

式は次の日だったので、何とか寝てゆっくり過ごしてやっと深夜に身体と頭がシャキっとしました。

なので時差ボケに弱い人は余裕を持ってハワイに滞在してから万全な体調で式を挙げて欲しいと思います。

時差ボケならすぐに治ると思っていても暑さもあり本当に想像を超えてしんどかったです。

コーディネーターとの意思疎通の難しさ

費用を抑えるために日本人スタッフをお願いしなかったので、細かいニュアンスを英語で伝えるのにかなり苦労しました。

体調の事や、写真を撮ってる時に少しイメージと違う事を伝えたりなど、伝えたいことは山ほどあるのに、結局思い通りのものが手に入らないということで、胸がモヤモヤすることが多々あるでしょう。

せっかくハワイまでいくのであれば、通訳さんや日本人スタッフなどの配属もしっかりしましょう。

ハワイで挙式する時、天気に左右されたくないならホテルのチャペルに

屋外の挙式・撮影は要注意。晴れていたのに式場の外に出たとたんザーっと降りだすことも。

天気予報で雨になっていなければスコール的な雨がほとんどなので日本からもしっかり当日の天気はチェックしておいたほうがいいと思います!

ハワイは梅雨もなく雨もスコール程度なことが多いので、お天気が悪くてガーデンウェディングができなかったという例はあまりありません。

ですが、最近は人気の式場は分単位なこともあるのでなかなか待ち時間を用意するのも難しいです。

一度挙式日目前の台風で、独立型の古い小さなチャペルの屋根が飛んでしまって、別のチャペルに代替えになった夫婦が友人にいました。

そうならないように下見のできないハワイのホテルは天気に左右されないホテルのチャペルも良いと思います。

衣装のトラブルに注意

何泊何日持っていくのかは出かける前にわかっていても、どの程度外を歩くのか、当日の天気は?など現地に行ってからでないとわからないことも多数。

やろうと思ってできたわけではない破損なども、日本の結婚式場のように近くで現場を見てい人がいないので過失を証明できずトラブルになることも…。

思いもかけない莫大なクリーニング代を請求されるケースもあります。

海外挙式の際はショップも想定内の範囲では許してくれるところも多いですが、リムジンに乗る際にドレスの裾を踏んずけて破ってしまったり、写真撮影でちょっと外にでたつもりが意外に汚れていたり。
そんなことにならないように、自分でドレスを買って用意していく方も多いです。

ブーケがデカい!

特段悪いことではありませんが暖かいからか現地の花はとても大きいです。バラの花も日本のものよりかなり大振りです。
こだわらない方は気にならないかもしれませんが、ブーケの形や大きさをイメージする際一輪あたりが日本のものより大振りになる点は覚えておいたほうがいいかもしれません。
特に「小ぶりなブーケ」で希望されていると予想よりお花の数が少なかったりするかもしれませんのでご注意ください。

お土産問題

ハワイでの挙式となると、国内挙式とは異なり呼べる人数が限られてきます。

会社の上司や同僚なども全員呼べるわけではありませんから、帰国してからお土産を渡す人も多いでしょう。

旅行会社からもらえるパンフレットの中には、現地でお土産を買って帰らなくても、自宅にハワイのお土産を届けてくれるようなサービスもあります。

ただし、ハワイで購入するよりもかなり高くついてしまうのが難点です。

スーツケースのスペースは自分のお土産用に空けておけるメリットはありますが、これも事前に考えておいたほうがいい点です。

お店が寒い問題

ハワイは日本と異なり、1年中極端な寒暖差がなく過ごしやすいと言われており、お散歩するには非常に気持ちがいいのですが、ことお店の中となるとかなり冷房が効いています。

挙式後、ワイキキ市内でのレストランなどで食事会を開く方も多いかと思いますが、ゲストにも、カーディガンなど肌寒くなったときに羽織れるものを用意しておいてもらえるようアナウンスしておいたほうが無難です。

ハワイでの素敵な思い出が、風邪をひいて台無しになってしまっては残念ですものね。

Follow me!

似顔絵制作のお見積りはこちら!

似顔絵師ぴんくぶたの似顔絵は、どなたにも喜んで頂ける可愛いタッチで描くのが特徴です。ご注文頂いたお客様には「本当にそっくり」と大変喜ばれております。

似顔絵は似ていないと意味がないので、特徴を掴みながら、誇張しすぎない優しい似顔絵に仕上げています。黒線段階なら、無制限で修正しますので、ご安心下さい。

お客様のご要望に応じて、様々なシュチュエーションや衣装をご用意し、仲良く温かい雰囲気でのお祝いとなる記念の似顔絵に仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です