退職する恩師に贈る素敵なプレゼント15選

退職する恩師に贈る素敵なプレゼント

学校でお世話になった大切な先生が退職を迎えるときが来ました。

仲間同士で恩師に感謝のこもったプレゼントを送りたいという方に向けて、退職を迎える恩師が感動するオススメなプレゼントをまとめてみました。

感謝状

POINT
似顔絵のついているものだと特別感UP。

退職をする恩師に送るプレゼントとして最も適しているのは感謝状だと思います。

長らく会社のために尽くして社会貢献されてこられた恩師にとっては社員一同感謝の気持ちでいっぱいだと思います。

そんな社員からの感謝の気持ちとして感謝状はとても有効的ではないかと思うのです。

それも額縁がよろしいかと思います。

種類も木でできた額縁のものや、金メッキで出来たもの、装飾品をちりばめたものから、マイナーな安価なものまで多数ありますが、

その中でも退職での感謝状といった意味で木彫りの額縁はいかがでしょうか。

感謝のお言葉も木のボードの上に文字を掘っているといった粋な計らい功を通すかもしれません。是非検討されるとよいかと思われます。

バラの花束

POINT
色によって送る意味が違ってくるので、考えながら選びましょう。

退職する恩師には、バラのお花が最適だと思います。

特に真っ赤なバラは情熱、愛情、美徳といった感情を現し、ピンクのバラは感謝、しとやかさ、温かい心といった感じを持ちます。

白いバラは心から尊敬や、清純、相思相愛、素朴、約束を守るなどここでも「感謝」の意味が深く花ことばとしてとらえられていま。

そしてオレンジ色のバラは信頼、絆、爽やか、すこやか、愛嬌といった意味があり、退職する恩師にはもってこいのプレゼントになる事でしょう。

バラは「しあわせなお花であり感謝の意を讃える花束」でもあるのです。

いける前にラッピングを外し、花瓶の水の処理などのお手入れをすると長持ちする花でありすぐには腐りませがデリケートな一面もある花の為、

直射日光は避けてあまり日光の強くない環境の良いところを選び設置すると良いでしょう。

バラを選ぶ時のポイントですが先ず、①花の形状や大きさを見ます。大きくてデリシャスなものを選ぶのか、小さなものを数多く可愛く見せるのかで
恩師に与える印象も変わってくる事でしょう。
➁バラを貰った恩師がその後、どこに飾るのかを想像して樹の大きさ等を選ぶことも肝心です。
➂香りも大切です。バラはリラックス効果がありホルモンバランスを整えてくれる効果があります。
以上、バラを選ぶ時の主なポイントです。

旅行券

POINT
恩師が旅行好きなのかどうかを確認しておきましょう。

退職する恩師には旅行券が妥当ではないでしょうか。
今までの会社や職場での労をねぎらって国内外の旅行券を差し上げて旅行に行ってもらう事はとても良いことだと思います。
旅行券のカタログギフト、そしてその中から選べる日帰り温泉ギフトや、体験ギフト、恩師にご家庭がおありならペアでの海外旅行チケット
も検討しておくべきです。
高価ですが世界一周のチケットが手に入れば恩師の退職時期に合わせてご購入されて、退職記念日に間に合うように手配しておきましょう。
国内でも北海道、沖縄ツアーの旅行券が入れば事前に購入しておくのも良いかと思います。
国内では温泉旅行が人気があり多いようですし、国内外問わず、お得なお泊り付きの航空チケットも有りと、バリエーションも多数用意されているようです。

旅行チケット選びのポイントはその目的に航空や鉄道などの交通手段の種類、乗り物の座席、周遊等によりことなってきます。
この中で最も大切なのは目的だと思います。
国内であるか海外であるかにより相当費用も変わってきますし、それにより座席もファーストクラスなのかエコノミークラスなのか選択することになり
名談の変わってくる事でしょう。
それより大切なのは「恩師がどのような旅行を好むのか」といった事も気になるところでしょう。
それらをトータル的に考えて選ぶことがポイントになってきます。

恩師が今の仕事を始めてから退職するまでの新聞記事ダイジェスト

POINT
入社した日の出来事、大きなプロジェクトが完了した日の出来事(そのプロジェクトが新聞記事になっていれば、その記事がベスト)、自分との出会い(自分の配属日など)となった日の出来事、・・・など。退職日、あるいはプレゼントを手渡す日の1面記事などは、手作業で切り抜いてさらにラッピングするなどひと手間かけると、より気持ちが伝わるでしょう。

退職する恩師が汗水たらして積み上げてきた時間。

それが一番、尊いもので、その記録の1つが新聞記事でもあります。自分にも、恩師と共有してきた時間が感じられ、プレゼントを渡した後も、思い出話に花が咲くかもしれません。

新聞は、恩師の仕事が関わってきた業界紙もあるかもしれませんし、スポーツ好きならスポーツ紙でもいいかもしれません。

普段はありふれていてどんどん捨てていかないと溜まってしまう新聞紙だからこそ、恩師の手元にも、もう残ってはいないはずです。

すでに持っているものとダブる心配も無く、場所も取らず、個人の嗜好も関係せず、退職のよい記念になるはずです。

入手方法は、新聞社のホームページや電話窓口などで、日にちと掲載面を伝えれば、そのコピーを1枚数百円程度で買えるはずです。

それに郵送費が加わっても、それほど高くはつきませんが、日にちを調べたり、新聞社へ確認したりと、ひと手間かけて恩師のことをしっかり考えたプロセスも、きっと恩師に伝わることでしょう。

メッセージビデオ

POINT
冗長にならないように、インタビューする教え子は厳選し、20分程度の映像にするのが良いと思います。媒体としてはCDと電子ファイルを用意して、両方お渡しすればすぐに楽しめるかな。と思います。添えるお食事券は、たいていの方に好まれる、しゃぶしゃぶ、中華、などのレストランの券が良いでしょう。。

長年、たくさんの生徒たちと時間を共にし、たくさんの出会いを繰り返していらした、退職する先生。

その人生の歴史を振り返るとき、色々なシーンが心をめぐり、ああ、あの子はどうしているかなぁ?と遠い時間に想いが及ぶのではないでしょうか?

そんな恩師へのプレゼントとして、過去の教え子に協力いただき、メッセージビデオを作製してみてはいかがでしょうか?

恩師との思い出やエピソード、現在の暮らし。そして感謝の言葉。できれば、その当時の行事の写真などもお借りして、ビデオに挟むとよりくっきりとしたストーリーが伝わるでしょう。

そして最後には、サプライズでご家族にも登場頂ければ、最高ですね。

奥様やお子様に協力いただき、取材をさせて頂いた内容を織り込みます。

そこから、これからの輝く時間への予感につなげる内容へ展開します。

例えば、「長年仕事仕事だったけれど、でもそんな姿を尊敬していました。」というご家族のコメントと共に、

「みなさんで、のんびりお食事を楽しんでください」というメッセージをそえた、お食事券を添えるなど。

壮行会などで、流しても盛り上がると思いますし、その後も繰り返し楽しんで頂けると思いますよ。

寄せ書きの色紙

恩師のご退職といえば、教鞭人生の中で、さびしいながらもハレの日だと捉えることができます。人を導く教師という職業を選ばれた先生の人生には、苦楽があったことと想像ができますので、同期やクラスメートのメンバーで作った、手書きの色紙を贈りたいです。

大好きな先生への感謝の思いも表すことができて、ぴったりではないでしょうか。

その人が好きな趣味を寄せ書きにするのもオススメ!

POINT
はじめにその方がどう言った事が好きなのか、趣味は何なのかなどを探っておく事によってどう言ったものにしたら良いかわかってくると思います。

私自身が受け取って以外と嬉しかったものは中学の時に卓球をしていたのですが、卒業する時に後輩からラケットの形をした木に寄せ書きを書いて渡された事がありました。

そのラケットというのは卓球用具を買うカタログで注文できる様だったので意外に簡単に手に入ってかつちょっと変わったプレゼントになるのではないでしょうか?

おそらくなのですが、他のスポーツにもそう言った商品があると思われます。球技でしたら使うボールに寄せ書きなど色々と考える事ができると思いますし、寄せ書きにすることによって飾って置きやすいというのもメリットだと思います。

そう言った寄せ書きはスポーツだけに限らず色々なことに応用できると思いますので、その方の好きな趣味+寄せ書き ができるのでしたら喜ばれると思います。

時計

POINT
相手の好きな色で、普段から使える奇抜すぎないデザインを

今回は退職する恩師にということで、やはり感謝の気持ちを込めて普段から使ってもらえるような時計などがいいなと思います。

時計は高級なものよりも、少しいい程度のものを色んなシーンでつけれるデザインで気兼ねなく使える程度の代物だと、もらう側からしてもすごく嬉しいと思います。

そして時計に手紙も添えて…手紙には思い出や恩師への感謝の気持ちなどをしたためて、渡すと、もらった人も懐かしいでしょうし、また別の機会に読み返す事も出来るので、思い出になるのではないかと思います。

みんなの声で録画した目覚まし時計もおすすめ!

過去に卒業の時、年度が変わって担任が代わる時、私的な事情で担任が退職をした際に色々とプレゼントをしてきましたが、一番喜ばれて一番思い出に残っているのはクラスのみんなで声を出して録音した目覚まし時計でした。

私は出席番号一番だったので、朝のおはようの声を担当しました。元気良くおはようの声を録音しました。その後で1時、2時、3時とみんなで順番に録音していきました。

実家は岩手の山奥なので、最近母校の小学校に続き高校の廃校が決まりましたが、廃校前のイベントに出席した私は当時そんなプレゼントをしましたが、受け取った先生が今でも大切に扱ってもらっていたのを久しぶりに見て感動しました。

先生も今は退職されました柄ずっとずっと今まで大切にそんな時計を使ってくれていたそうです。

昔と違い今の時代先生と生徒の関係が希薄になっていますが、やはり担任の先生との関わり一つで人生が変わるので、先生にはクラスみんなで精一杯のプレゼントをすべきです。

DVD、Blu-rayのディスクの黒の収納ボックス

POINT
皆でお金を出し合うなら引き出しが付いているような、ちょっと大きいけどしっかりした作りの物を贈りましょう。一人で贈る時も本のようなタイプではなく床などに置くタイプのものを選ぶとしっかりしたプレゼントという感じが出ます。

定年退職すると教師をやっていた先生は時間を持て余してしまうことが多いでしょう。

それでも今まで子供たちに様々なことを教えてきた先生。自分自身も色んなことを学んで来たでしょう。

定年退職してからも新しいものを見て色んなことを学んで欲しい。

今まで時間が無くて見れなかった映画などを見るのも良いんじゃないかという提案を込めてのディスクの収納ボックスです。

ディスクの再生機器はすでに持っているという人が多そうなのもあっていくつあっても困らなそうな収納ボックスが良いと思います。

黒という落ち着いた色合いならどんな部屋にも置けます。先生へのプレゼントなので生徒皆でお金を出して少し高いものを選ぶことも出来ます。

色んな事を教えてくれた先生に新しいものを見ていく手助けになる収納アイテムをプレゼントしてみるのはどうでしょうか。

退職された年にできたワイン

POINT
長く保存する場合のことも考えて辛口を選びましょう。なぜならワインというのは熟成させることにより年々マイルドとなっていきます。

定年退職という体で話しますが、今まで長い間頑張ってきた方へのプレゼントとして、恩師が退職された年にできたワインをプレゼント。

年数にもよりますが、かなりの高額が予想されます。慕われている教師を前提としおりますので、様々な年代の方からカンパしてもらえると思います。

その年に作られたということは恩師が退職した。終わりの歳にはまた始まりがある。という意味も込めてあります。

恩師が人生を振り返るときに、このワインによって退職した時の事や年をワインの年代で思い出せて、尚且つ人生のひとつの記念として置いてあるとまた歳を重ねて行って何かを始めよう、と思う時にワインで過去のことを思い出し、今後の意欲となってもらえればと。

なぜワインなのかと言うと長い社会人生活は奥さんの支えがなければ成り立たないもの。夫婦2人で支えあってきて頑張ってきた、お互いに感謝、お疲れ様という証を2人で楽しめるものです。

名前入りゴルフボール

POINT
相手に合わせイラストや文字をチョイスするのが良いと思います。

60歳となり退職する恩師には、ゴルフ好きな方が多いと思います。

そんな好みを把握しているのであれば、名前入りのゴルフボールを送るのも素敵です。

経験者談

60才で定年退職をした上司に名前やイラスト入りのゴルフボールを送りました。

以前から上司は休み明けは「ゴルフやけだー」とか「退職したら時間を気にせずゴルフに行きたいなー」と話していたからです。そもそもゴルフボールは消耗品だしいくつあっても困るものではありません。ゴルフボールは安いのから高いものもありますが、上司自体の好みのボールじゃなくても練習で使ってもらえればいいかなと思いました。ボールに名前をいれることで、その人を意識した気持ちのこもったプレゼントとして相手も大変喜んでくれました。たぶん家に帰って奥さんや家族にも「部下からこんなのもらったよ」っと話すこともでき、それだけ慕われている父親の面子も保ててあげられたと思います。

名前入りの包丁

POINT
あまり大きすぎるものは使い方に慣れていないと危ないので、家庭サイズのものにして名前を入れましょう。ケースもあると素敵です。

退職する上司に贈る素敵なプレゼントとして最適なのは「趣味になるもの」だと思います。40年以上働き続けた生活を送っていると、退職したときに他にやることがなくて戸惑ってしまいます。よく仕事を辞めた途端にボケが進行してしまう例もあります。それを防止するためにも仕事に代わる何かにまた没頭してもらうことがいい対策になると思いますし、新たな人生のスタートが切れると思います。今回は誰でもお家でできる「料理」に焦点を当てました。
料理のモチベーションを上げるために包丁をプレゼントし、感謝の気持ちを込めて名前を入れます。
もし料理を好きになってくれたら、奥様にも作ってあげてほしいですね。そうすれば残りの2人の生活がより豊かになると思います。

 

学校名入りの万年筆

POINT
せっかくの贈り物なので、長く使えるように奮発してお値段が張るものを選びたいところです。老若男女問わず普段使いに自然なブラックやダークブラウンを基調としたデザインがおすすめです。

退職する恩師といったら、これからの人生をゆっくりして過ごして行くと思います。そんな退職する恩師には、これからの人生でも使用できるような万年筆をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

例えばかつての教え子や教職関係者の方へのお手紙を書かれたり、もしくは以降の学問関係の寄稿文や論文をペンで書かれる方もいらっしゃると思います。

そういった理由から、恩師には長く使える筆記用具を送りたいと考えました。万年筆や高級なボールペンなどを贈られる方は多いと思いますし、そういった贈り物にはお相手のお名前を刻印されることが多いと思います

恩師宛なので、少し工夫して勤められていた学校名を刻印してはいかがでしょうか。万年筆が使用できなくなっても、大切なものとして取っておけるようにしてみるのも良いです。

学校を卒業するとき学校名入りのボールペンを貰って嬉しかった記憶がある方は多いはずです。使用する度に、自分のことを思い出したり、過去を思い出して、これからの人生の活力となるといいと思います。

手にするたびに学校の記憶がよみがえる素敵なプレゼントを先生にも贈りたいです。

[/su_box]

高級なボールペン

退職後も使うもので考えるべきだと思います。普段から使うものであると、その都度思い出すと思います。

ボールペンというのはもともと意味があるようです。それは「あなたは(自分にとって)特別な存在である」という意味です。

「お世話になっている」「今後も親しい関係でいたい」「尊敬している」「期待している」といった意味を込めて送るようです。

ボールペンにするメリットとしては2つあると考えます。1つ目は、「プレゼントとして(心理的に)重すぎない!」ということです。

2つ目はボールペンは置き場所に困らず、また実用性が高いことから喜ばれることが非常に多いと思います。

人によっては、ボールペンを目上の人に送ると「仕事を頑張って欲しい」という意味合いが含まれあまり良くないという意見もあるようですが、私は貰ってメリットを強く感じますのでそうは思いません。

経験者談
自分のお世話になった恩師が退職する事になり何か素敵なプレゼントを考えた時、私はちょっと高価なボールペンをプレゼントとして選びました。筆記具だと何かと使ってもらいやすいし男性の恩師でも女性の恩師でも選びやすいと思いました。実際に私がボールペンをプレゼントさせてもらった恩師からは、「素敵なプレゼントをありがとう」とプレゼントしたボールペンでお礼状をくださいました。

純銅製タンブラーセット

POINT
伝統工芸品なので、古くからある工房のものが良い品だと思います。純銅を選んでください。メッキのものもあるので間違わないように。胴の板厚に厚みがあるものだと、重厚感がありなお素敵だと思います。桐の箱入りが特別感を演出します

退職する恩師へのプレゼントとして考えたいポイントは「退職後をより豊かに」だと思います。

趣味に打ち込んだり、のんびり旅行三昧?など。これからの新しい門出に贈るのにぴったりなのは、より良い質のもの。

財布や衣類は、既に誰かに頂いたり、お気に入りのメーカーがあるかもしれません。私のお勧めする【純銅製のタンブラ】は、生活の質を向上させるアイテムだと思います。

まず、見た目に伝統を感じさせる重厚感があり、特別なプレゼントにぴったりです。また、銅は熱伝導が高い金属ですので、冷たい飲み物は、口をつけたときのひんやりとした涼感が味を際立たせます。

ビールは、表面の凹凸が泡立ちをクリーミーにするので、より美味しく楽しめます。

ただ、暖かいお茶などには向きません。持った時に熱さをダイレクトに感じるので危ないです。最近では持ち手のついているものおありますので、恩師の飲み物の好みが分かれば選びやすいですね。

価格は、桐の箱に入った高級品でペアで1万円前後からあります。粋なプレゼントになると思います。

グラス(名入りでも可)

POINT
恩師の方がよく飲むお酒の種類に合わせたものが良いかと思います。ビールやワイン、ウイスキーなどお酒によってグラスの形状も変わってくると思います。名前も入れるのであれば底にさりげなく入れるのが粋でおすすめです。

お世話になった恩師の方への贈り物ですから、出来るだけ感謝の気持ちを伝えたいと思います。

ですが、贈り物は相手の気持ちに寄り添い、贈られた人が気持ちよく使えるものが最適かと思います。

お酒好きな恩師の方へ特別なグラスを贈ってみるのはいかがでしょうか?お酒にこだわりはあっても、高価なグラスを使っている人はなかなかいないと思います。

大好きなお酒を楽しむひと時に、あなたからのグラスにお酒を注ぐその瞬間、きっとあなたとの思い出の日々が頭をよぎるかもしれません。

恩師であると高齢の方が多いかもしれません。バリバリと仕事に励むよりかは、これからの余生を趣味などで穏やかに過ごしてほしい気持ちを伝えられるでしょう。

見た目も美しく、更に名前入りであれば更に特別感が増し、大切にしてもらえるのではないでしょうか。

日常的に使うこともできますし、増えても困るものでもありません。恩師への想いを伝える贈り物として、ありふれた物とは違うプレゼントをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

Follow me!

似顔絵制作のお見積りはこちら!

似顔絵師ぴんくぶたの似顔絵は、どなたにも喜んで頂ける可愛いタッチで描くのが特徴です。ご注文頂いたお客様には「本当にそっくり」と大変喜ばれております。

似顔絵は似ていないと意味がないので、特徴を掴みながら、誇張しすぎない優しい似顔絵に仕上げています。黒線段階なら、無制限で修正しますので、ご安心下さい。

お客様のご要望に応じて、様々なシュチュエーションや衣装をご用意し、仲良く温かい雰囲気でのお祝いとなる記念の似顔絵に仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です