結婚式でのウェルカムスピーチの文章を作成する際のポイントと例文一覧

結婚式でのウェルカムスピーチは、結婚式の最初に読み上げる参列者への第一の挨拶となります。

時間が限られた結婚式の中で、短く、手短に、簡単にとはわかっているのですが、いざ作るとなるとなかなかいい文章が思いつきませんか?

ここでは、実際に読まれたウェルカムスピーチを、経験者からのアドバイスとともに紹介していきます。

ぜひ参考にして下さい。

スピーチの際の注意点

話すときはリラックスして笑顔で

大勢の前で話すときは、誰でも緊張するものです。しかし、決して強張った顔で話しだしたらいけません。新郎新婦の笑顔に負けないように、口角を上げて、満面の笑顔で話しましょう!

忌み言葉は避けること

忌み言葉とは特定の場面で使うのを避ける言葉のことです。別れや不幸、不吉を連想させるため、結婚式で使うのを避けましょう。

たとえ、文章の流れとして悪い言葉としての意味で使わない場合でも(例:「キャンプのイベントに参加した時、夕食作りのために大量にキャベツを切る同じグループに配属されたことが、出会いのきっかけでした」など)でも、避けるのがマナーとなっています。

別れを連想させる言葉の例

別れる、失う、離れる、去る、散る、冷める、終わる、切る、割れる、消える、捨てる、離れる、放す、終わる、流れる、出す、逃げる、壊れる、破れる、流れる、ほどける、返す、帰る、飽きる、忘れる

不幸・不吉を連想させる言葉の例

無くす、亡くなる、死ぬ、滅びる、しめやかに、病気、苦しい、悲しい、涙、泣く、色褪せる、負ける、衰える、破れる、悪い、散る、倒れる、捨てる、壊す、落ちる

ウェルカムスピーチは手短に

ウェルカムスピーチは短めが良いと思います。

式ではこの後に、上司からの祝辞や友人スピーチ等、スピーチが続きます。

スピーチを聴き疲れてしまう事がないよう、配慮しましょう。

手短に、披露宴に来ていただいたことへの感謝を伝えましょう。

暗記できる量にしましょう

スピーチは堂々とかっこよく話したいですよね。当日緊張してしまっても大丈夫なように

自分がしっかり暗記できて、言い間違えない量にするのがおすすめです。

新婦が担当するのがおすすめ

大抵の式では新郎が最後にスピーチをすると思いますので、ウェルカムスピーチは新婦がするのがおすすめです!

家族に普段とは違う一面を見せてみましょう。

結婚式でのウェルカムスピーチの実際に読まれた例文②

皆様、本日はお忙しい中お集まり頂き、本当にありがとうございます。

私たちは先ほど、(結婚式会場名)にて挙式し、晴れて夫婦となりました。

それにしても…私は未だに少し現実感が沸きません。

皆様、本日は短い時間ですが存分にお楽しみください。

美味しいごはんをモリモリ食べて、呑んで、盛大に楽しみましょう!男性陣は飲みすぎて奥さんに叱られないようにお願いしまーす!

そして明日からは、まだまだ至らない私達ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

結婚式でのウェルカムスピーチの実際に読まれた例文③

本日は私たちふたりのために、お忙しいところ、また遠方よりお越しいただき、誠にありがとうございます。

先ほど、当ホテルの神殿にて、皆様に見守られながら無事に式を挙げることができました。

ご列席頂き、誠にありがとうございました。

無事に本日を迎えられたのは、私たちを育んでくださった皆様方のおかげだと、感謝しております。

ささやかながらのおもてなしですが、皆様に楽しんでいただけるよう準備して参りました。

どうぞたくさん飲んで、食べて、楽しんでいってください。

お開きまで、どうぞよろしくお願いします。

経験者からのコメント
短いですが、上記が私が実際に結婚式で話したウェルカムスピーチです。ウェルカムスピーチは新婦の私が行いました。 新郎は最後にスピーチをするので、最初のスピーチは新婦、ということにしました。 遠方からのゲストが多く、来ていただいたみなさんに感謝の気持ちを伝えたいと思い、ウェルカムスピーチを 取り入れました。 結婚しきではなかなか全員の方とお話しする時間が取れない為、ウェルカムスピーチをいれるのは良いと思います。 またウェルカムスピーチは母親が特に喜んでくれました。 大勢の前で堂々と話す姿に感動してくれたようです。 普段家族には見せない一面を見せることもできて、良いのではないかと思います。 披露宴で必ず入れなければいけないものではありませんが、時間も取りませんし、 印象も良くなると思いますので、是非取り入れてみるとよいと思います。

 

Follow me!

似顔絵制作のお見積りはこちら!

似顔絵師ぴんくぶたの似顔絵は、どなたにも喜んで頂ける可愛いタッチで描くのが特徴です。ご注文頂いたお客様には「本当にそっくり」と大変喜ばれております。

似顔絵は似ていないと意味がないので、特徴を掴みながら、誇張しすぎない優しい似顔絵に仕上げています。黒線段階なら、無制限で修正しますので、ご安心下さい。

お客様のご要望に応じて、様々なシュチュエーションや衣装をご用意し、仲良く温かい雰囲気でのお祝いとなる記念の似顔絵に仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です